特定非営利活動法人 日本のふる里体験村 高遠日誌

7月
7月の滞在者 (K.K)6.30〜7.1。(K.K)7.14〜7.17。(K.K、K.Y、Y)7.27〜29。
7月の訪問者 (M.K)7.29。七面亭で知り合ったTさん

2

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31

2007.06.30(夜)〜07.01 ちゃんと芽が出てましたよ!


 前回たった一日(6月10日)の即席で畑をこしらえてから、ずっと仕事が忙しくて来ることが出来なかった。芽は出ただろうか? 雑草だらけになっているんじゃないか、トマトやなすは大きくなって、風や雨で倒れているんじゃないか、ず〜っと、気になっていたので、ほぼ一日しか滞在できないことを承知で、東京からやってきました。

 イヤー、ちゃんと芽が出てましたよ。枝豆もトウモロコシも、まだらになっているところも所々ありますが、ちゃんと出てました! サイマイモも土に挿していっただけで、水も与えなかったのに、ちょっと欠けているところもありましたが、元気に育っていますし、種芋のまま芽が出てしまったジャガイモもダメで元々と植えていったのですが、しっかり育っていました。

ちょっと見た目は、立派な畑に見えるでしょう?我ながらたったの一日でこれをやったのかと思うと自画自賛ですね。約半分強の上部分は手つかずで雑草が伸びてきました。草刈り機を使って全面 の草を刈りました。
お隣の畑も緑が増えてきました。 トウモロコシもキジなどの鳥に食べられることなく、無事芽を出しました。 枝豆です。虫食だけど、元気です。

 庭も、春の時に比べて、うっそうとしてきて、すごいことになっています。それでも、スギナやアカツメクサやヒメジョオンなどの雑草だけという訳でもなく、クレマチスやらキンンケイギクなどの色々な花が咲いています。

毎回来るたびに草取りをするけれど、すぐに雑草だらけになってしまう庭。前の住民が植えたものは極力残してあげようと思うので雑草だけ草取りをしている。 いつ訪れても、早春のスイセンに始まって、何かしらの花が咲いてくれる楽しい庭です。今年一年はどんな花が咲くのか見定めてから、庭の設計を考えたいと思います。
我が家から下った道路かた左方向の風景です。
右方向の風景です。

 藤沢川に近いところには田んぼが広がっています。ここに通い出したころは、何も生えていない水田でしたが、今は緑がとってもきれいな景色が広がっています。そして夜になるとカエルの大合唱です。日本のビオトープは田んぼからと言うけれど、本当に田んぼの中には自然がいっぱいです。
 アメンボ、マツモムシ、ヤゴ、トンボ、オタマジャクシ、カエル、イモリ…… そんな生き物が大好きな私は年がいもなく、網を持って田んぼに出ては、楽しんでいます。
 ちょうど運の良いことに、私の家の前にある田んぼは無農薬で黒米を栽培しています。他の水田とは様相が全く違います。浮き草も雑草も沢山生えていますが、その分、自然がたっぷり詰まった楽しい田んぼです。
 東京に帰る日、その雑草(=水草、オモダカやコナギ、ミズハコベなど)を都立公園内のとんぼ池に植えるために少々頂戴しました。

アマガエル君をつかまえてみました。
普通のトンボのヤゴです。
イトトンボのヤゴです。田んぼにいっぱい住んでいます。

このページの最初に戻る


2007.07.14〜07.17 久々の連続休暇

 かなり大型の台風が長野県に上陸という天気予報にも、中央高速は速度制限50キロ、80キロという中を高遠へやってきました。しかも無謀にも諏訪南で高速を降りて、富士見から入笠山を越えて藤沢へ降りるというコース。台風通 過か?という前触れの雨の中である。

出会ったキノコ
 
 
クリンソウ
 
入笠山にて


 翌朝、畑に行ってみると、たったの2週間でこれだけ違うのかというぐらい、野菜達が元気に育っていました。トマトの苗は7本ぐらい植えたのですが、脇芽を前回挿したらついていましたので、今回もダメで元々と沢山挿しました。今度来る時に何本が元気に育っているでしょうか。

 今回、空いているところに、ナス、シシトウ、ピーマン、花オクラ、里芋、八つ頭、ニガウリの苗を追加して植えました。また、前回蒔ききれなかった枝豆、インゲン豆、 万能ねぎ、ニンジン、カブ、菜ものの種を蒔きました。これで耕したところは全て作物で埋まったことになります。これが全部なったら、大変なことになりますよ〜。東京でお店ができるかも?!

前回と比べると、ぐんと緑が増えてきていますね。手前はこぼれ種から育っていた大好きなコスモスをそのまま残してあげました。
初めて、ナスを一つ収穫しました。
記念すべき初収穫
雑草が増えてきました。次に来る時にはきっと大きくなってしまっているだろうなぁ〜。 今回苗を購入して植えたピーマンです。ちょうど食べごろなのを取って帰ろうと思っていたのに忘れてしまいました。きっとお化けピーマンになっているだろうなぁ〜。
トウモロコシもグングン大きくなっています。
里芋と八つ頭も苗を購入して植えてみました。
ジャガイモがスクスク育っています。
ジャガイモの花が咲きました。


花オクラ、実ではなく花を食べるのだそうです。
アスパラガスの芽が出てきました。
落花生。発芽率は悪かったけれどちょっとは楽しめそうです。

 そろそろ、近隣の観光や美味しいお店を探そうと思っていたので、伊那へ買い物に行った帰りに七面 亭というお蕎麦屋さんに寄ってみました。明治3年築という、約130年の古民家がお店になっていて、玄関をはいるなり土間の横のひと間(昔は馬か牛を飼っていた場所です)に、ど〜んと大きな花瓶にアジサイの花、田の字の座敷きのあちこちには小さな花瓶に一輪差しがあり、とてもコジャレタお蕎麦屋さんでした。
 また、そこでたまたま同席したお客さまと話しが弾み知り合いになりました。これから温泉に行くというので、私の家の上に最近オープンした温泉をお話ししたところ、その御兄弟はその後すぐに行かれたようで、帰り際に私の家の前の田んぼで再びお会いして、私の家にもあがっていらっしゃいました。
 私と同じく、こちらへの永住の前に2〜3年、東京から通いで過ごされたとのこと、先達者としての経験談等をこれから、教えてくださる良い隣人Tさんと知り合うことができました。

無農薬の水田から我が家を見る。庭がうっそうとしています。
右側は記念に植えたコヒガン桜、中央がサクランボの木。
まさに、ワイルドフラワーガーデンの我が庭です。
キクイモモドキ?今春、株で芽吹き何か園芸品種なんだろうと草取りの対象にならず生き延びたもの、6月ぐらいからぐんぐんと背が高くなり今では1mを越して黄色い花を沢山つけている。イヌキクイモにしてはザラザラが少ない感じがする。
 
この場所にはビオトープを作りたいなと思っています。

緑がキレイですね。

稲もスクスク育っています。
クサフジの蜜を吸いに来たセセリチョウ
 
田んぼで羽化しようとしていたヤゴを持ち帰り、羽化の観察です。

 

このページの最初に戻る


2007.07.27〜07.29 シシ囲い作る

 27日の夜出発、28日朝、近所の方から、「鹿に畑荒らされているよ」とのこと。早速行ってみると、前回植えたばかりの八つ頭と里芋と、さつまいもが引っこ抜かれている。前回も足跡は発見したものの、被害はなかったのに、今回は被害甚大! しかも食べているならば、まだ許せるのに、いたずらに引っこ抜いていっただけ……、無惨に苗がカラカラになって残されていました。それでも何本かはすぐに埋めなおし、救出を図る。
  今回は強力な助っ人Y君(若い)と友人Yが同行しているので、さっそく「シシ囲い」の材料を調達に伊那のカインズホームに向かい、軽トラをレンタルして運び込む。
波板と杭を購入。着々と出来上がる。

こぼれ種から育っていた大好きなコスモスをそのまま残してあげましたが、花が咲き出しました。
トマトが赤くなってきました。
トウモロコシもすくすく育っています。でも、種うえが半月ほど遅れたため成長が遅く、近隣はもう花咲いているのに、我がトウモロコシは花穂がまだです。「咲かないべ」と言われましたが、辛抱強く待ってみることに。
完成間近の「シシ囲い」上は、購入した耕運機、まだ耕されていない野放し状態の部分を、雑草を少しでも少なくと思って耕してみる。斜面 なのでちょっとしんどい。
岐阜出身のK氏。日曜日に日帰りで参加。黙々と草取りに専念していただいた。 友人Y子。現在のところ高遠を一番気に入ってくれている心強い友人である。
 
シシ囲いも完成して、草取りの済んだ畑


トウモロコシ
前回まいたツルなしインゲン
トマトが食べごろに。
枝豆
落花生
裏手に咲いていた花

 トウモロコシがすくすくと育ち、枝豆、モロッコインゲンは花が咲き出しました。

無農薬の水田から我が家を見る。キクイモモドキ(?)とクサフジに覆われてしまいました。
近くにある道祖神と馬頭観音

 最終日、トイレの網戸を作成、庭に池の穴掘りを しました。

このページの最初に戻る